5年ぶりのPENTAX

このところのワタシの機材の選び方には、ふたつのキーワードがあると思うのです。


ひとつは「光学ファインダー回帰」であり、もうひとつは「フィルムとデジタルの共存」です。光学ファインダー回帰、というのは言うまでもなく一眼レフの見直しであり、ライカのレンジファインダーへの偏愛でもあります。要するにミラーレスからの先祖返りです。


そして「フィルムとデジタルの共存」ですが、具体的には同じメーカーのフィルム機とデジタル機でレンズが共有できること、です。それはもちろんフィルム時代からデジタルになっても同じMマウントに光学レンジファインダーであることにより、全く同じレンズが全く同じように使えるライカの世界であり、不変のFマウントによりなんとかやりくりしてほぼ同じレンズが共有できているニコンでもあります。そのふたつが現在のワタシの機材の軸になっているわけですが、実は同じことができるメーカーがもうひとつあるのです。

それが、今回5年ぶりに導入した、ペンタックスなのですよ。


撮影は全てiPhone11ProMax


メインたるライカとニコンを補完するサブ機としての立ち位置は、ずっと富士フイルムのX100Vが担っておりました。コンパクトなスナップシューターとして完成品の域に達した名機だと思っておりますが、今回涙を飲んで交代させました。そりゃもちろんお金があれば売りたくなかったですよ!w でもお金の問題だけじゃなく、ライカ、ニコンにペンタックスと3マウント体制になれば、X100Vを使わなくなるのは目に見えています。


ワタシの機材選びにもうひとつキーワードがあるとすれば、それは「使わない機材は所有しない」なのです。それはドラムの機材も同じでした。使わない機材を死蔵するのは、ワタシの好むところではないのです。



とは言いながらも、5年の間愛着を持ち、プロサービスにまで加入していた富士フイルム機がひとつも手元に無くなる、というのは少々寂しいものがありました。

富士フイルムとの出会いがあって、自分の撮影スタイルをいろいろと模索していくことができました。考えてみれば、年初のあのX100Vの動画プロモーションの事件があって、それ以来ワタシの富士フイルムに対する気持ちというのはやはり醒めてしまった部分があります。それでも、富士フイルムには感謝してますし、きっとまた近いうち復帰するだろうと思います。



実は、ペンタックスのフィルムカメラは既に所有しております。それがこの、ペンタックスSP Fです。60年代の普及機一眼レフとして大ヒットしたペンタックスSPのマイナーチェンジ機で、SPおよびSP Fはいまでも市場に安価に沢山出回っています。ワタシのこのSP Fはヤフオクで3千円で購入した半分ジャンク(内部露出計を前オーナーが取り去ってしまっているため)ですが、その他は完動です。ファインダー内もキレイで、シャッタースピードもだいたい正確です。


ペンタックスSPは、現在のペンタックスKマウントになる前の時代のモデルで、M42という当時の国際規格のマウントを採用していました。Kマウントのようなバヨネット式ではなく、原始的なスクリューマウントです。レンズマウントがネジになってて、クルクル回して入れるわけですね。

M42は原始的ですが、当時のグローバル規格だったのでヨーロッパの様々な国で作られたレンズが使えるのが強みです。それこそ、共産圏の東ドイツやソビエト連邦で作られたレンズもあって、実に深い(そして安価なw)オールドレンズの楽しみがあるわけです。 そんなM42マウントが楽しめるのが、日本ではオールドペンタックスというわけです。 後にペンタックスも原始的なM42マウントを諦めてKマウントに移行していくわけですが、ペンタックスが偉かったのは、当時からその互換性をちゃんと考えていたことです。シンプルなマウントアダプターを純正で用意して、それをかませばKマウントでもM42ペンタックスレンズを使えるようにしてくれています。それは現在のデジタル時代になっても同じで、ペンタックスも堂々「デジタルとフィルムの共存」を実現しているメーカーなのです。


ご紹介が遅れましたね。今回導入したのが、このペンタックスデジタル一眼の現行モデル、APS-Cセンサーの『KP』です。現在ペンタックスの35mm一眼レフのインナップには、フルサイズのフラッグシップたるK1IIと、APS-CのこのKP、そしてエントリーモデルであるK70しかありません。 新たなAPS-Cのフラッグシップモデルの投入も噂されてますが、現在はこのKPがAPS-Cの顔です。小型軽量で(どのモデルも軽くてコンパクトなのが昔から続くペンタックスのポリシー!)まるでEOS KissみたいなKPですが、5軸5段分のボディ内手ブレ補正を備え、最高感度はISO819200(!!)というワケの分からない数字を誇る堂々たるハイスペック機です。

本当は5年前にも使っていたK-3IIにしようかと思ったんですが、意外にもまだ高いんです。KPと変わらないくらいの値段だったので、だったら新しいKPにしようと。Kー3IIいいカメラでしたけどね。

ちなみにぶっちゃけますが、今回、X100Vとテレコンバーターレンズを売って、KPとHD DA20-40mmF2.8-4ED Limited DC WRレンズ(どちらも中古)を購入した差額は150円ほどw M42とのマウントアダプター代だけでほぼ手に入れることができたのでした。なんて買い物上手なワタシww


というわけで、めでたく5年ぶりにペンタックスに帰ってきたワタシ、とうとうフィルムデジタル共に3マウント男になったというお話でございました。


マウント多すぎっ!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示